ペット保険にもいろいろな種類があるのです。おすすめのペット保険を口コミ・評判から比較・ランキングします。

こんなペット保険がおすすめ!
おすすめのペット保険「ペット保険比較・ランキング」TOP

こんなペット保険がおすすめ!「ペット保険比較・ランキング」

最近よく耳にするようになったペット保険。
ペットに保険?なぜ?と思いつつ、気になるのもまた事実です。
ペットの治療費って高額ですよね?
初めて獣医さんに行った時、治療費の高さにびっくりした経験はありませんか?
あるいは、人間と違って保険がきかないんだから仕方がない、と諦めていませんか?

ですが、少しでも一緒に居たい、できる限り長生きしてほしい、といった飼い主の想いを反映してか、ペットの寿命は年々伸びているそうです。
これはとても喜ばしいことですね。しかし、ペットの高齢化に伴って、人間と同じように病気やけがをするリスクもまた、増えているのです。

でも、治療費のことを考えると気軽に動物病院へ行けない、なんてことはとっても悲しいことですよね。ペットはもはや大切な家族。少しでも健康で長生きしてほしいものです。
高齢化が進むにつれてペットも癌や白内障にかかるリスクが増えていきます。そんなとき、ペット保険に加入していたら。
ペット保険は、ペットが病気やけがなどで治療を受けた際に、治療費や入院費、手術費などの補償をしてくれる保険なのです。
突然の怪我や病気に襲われても、飼い主の経済的な負担を大幅に軽減してくれます。

このサイトでは、ペット保険について、そしておすすめのペット保険についてご紹介していきたいと思います。
各社のペット保険の口コミ・評判をもとに、比較・ランキング形式でご紹介します。

ランキング1位
うちの子|アイペット損害保険
ペット保険おすすめ ペットの病気やケガの際にかかる診療費を最大で70%補償。補償割合は50%と70%の2種類のプランで、賠償責任特約も契約できるので、ペットが他人へ迷惑をかけた場合の損害賠償責任への対応も可能です。
加入の際には健康診断書の提出は必要なく、健康状態や病歴などの簡単な告知書の項目でお手続きができるため、わずらわしさもありません。
月々の保険料780円~で手術費用の補償に絞ったライトプランの「うちの子Light」も販売されており、手術に特化した補償で9割負担となりますので必要な補償によって選べます。
※今ならご加入者全員に「ペットの写真入りマグカップ」プレゼントキャンペーン実施中!!!
賠償責任 保険金額500万円
月額130円
ポイント 2~3頭:2%
4頭以上:3%
無事故割引5%(次年度更新時より)
補償割合 50%・70%・90%
口コミ 口コミ5
ランキング2位
プリズムコール|日本アニマル倶楽部
プリズムコール|日本アニマル倶楽部

ペット保険としては珍しい補償割合が100%の保険。大きな病気やケガでも安心です。ニーズに合わせて軽めの補償から手厚い内容まで5つのプランが用意されていますのであらゆる要望に対応可能。
犬・猫だけではなく小動物・鳥類・爬虫類まで幅広い対象動物。
一定年齢までは年齢が上がっても保険料が変わらないので加入しやすいペット保険と言えます。高齢になっても「シニアプラン」が用意されているので大事なペットをいつまでも長生きさせてあげられます。


賠償責任 なし
ポイント 多頭割引
2~3頭:5%
4頭以上:8%
補償割合 100%
口コミ 口コミ5
ランキング3位
いぬとねこの保険|ガーデン少額短期保険

3種類7通りのプランから選べるペット保険。補償割合は50%~90%と幅広いため、飼い主の要望に的確に応えます。
手術のみを対象とした『パールプラン』では月額の保険料がたったの500円(3歳小型犬)と、費用の面でも非常に魅力。
オプションで賠償責任特約を付帯できますのでペットが他人に迷惑をかけて賠償責任が発生した場合でも安心。ペットと他人とのトラブルは意外と多いので要注意です。


賠償責任 500ま年
月額80円
ポイント 多頭割引
2頭目以上:年額900円
補償割合 50%・70%・90%
口コミ 口コミ4
ランキング4位
PS保険|ペットメディカルサポート
PS保険|ペットメディカルサポート インターネットから申し込みができるペット保険。補償内容は入院・手術・通院・ペットセレモニー(火葬費用など)・車椅子の作成費用など。但し、賠償責任への補償はありませんのでご注意下さい。
補償割合は50%・70%・100%と、ライトなものから完全な補償まで用意されているので家計に合わせてお選びいただけます。
保険金の支払いまでのスピードの速さも好評の要因の一つです。
賠償責任 なし
ポイント 火葬費用等担保特約:支払限度額3万円
ペット車椅子費用特約:支払限度額10万円
補償割合 50%・70%・100%
口コミ 口コミ5
ランキング5位
アクサダイレクトのペット保険|アクサダイレクト
アクサダイレクトのペット保険|アクサダイレクト 犬と猫のみを対象としたペット保険です。
病気やケガなどの治療で必要となった費用を補償。70%負担プランと50%負担プランの2つのプランが用意されています。
インターネットから申し込みをされた場合のインターネット割引と、マイクロチップ装着のペットへの保険料割引が適用されるマイクロチップ割引の2つの保険料割引制度が設けられております。
保険の継続可能年齢が終身まで引き上げられましたので、一生愛するペットを守ることができます。
ペットが起こしたトラブルに対応するペット保険賠償責任危険補償特約を月額90円で付帯できます。
賠償責任 1,000万円
月額90円
ポイント マイクロチップ割引あり
インターネット申込割引あり
終身更新あり
補償割合 50%・70%
口コミ 口コミ4

ペット保険

損害保険会社と少額短期保険会社

ペット保険を扱っているのは、損害保険会社と少額短期保険会社です。

損害保険会社と少額短期保険会社の違いは、保険業への「参入条件」や「最低資本金」の額などが挙げられますが、私たち利用者に関係のある事柄としては、損害保険会社では会社が破たんした場合にも、保険金が定められた割合で補償されるという点です。 
これは、損害保険会社は「損害保険契約者保護機構」に加入しているためですが、損害保険のペット保険を扱っている会社は、あまりありません。
調べたところではアニコム損害保険株式会社とアクサ損害保険株式会社だけでした。
もしかしたら他にもあるかもしれませんが、絶対的に少ないことは確かなのです。

ですから、ペット保険を考えるときには、損害保険会社に限定せず、少額短期保険会社も考慮した方が選択の幅が広がっていいでしょう。
また、少額短期保険会社の商品には保険料が低く抑えられたものが多いようですから、利用者の負担も抑えられるという利点があります。

損害保険と少額短期保険の相違点を理解したうえで、ライフスタイルに合った保険を選ぶと良いですね。


ペット保険の対象となる動物

ペット保険は一般的に、1年または2年契約の自動更新型が多いようです。
ですが、継続可能年齢は終身のものと一定年齢までのものとがありますので、注意しましょう。

ペット保険の主な対象となっているのは犬と猫です。

猫は種類や大きさによって保険料が変わることはないのですが、犬は犬種や大きさによって保険料を変えているところがほとんどです。また、犬・猫どちらも年齢によって保険料は異なります。ペットとして飼われている犬と猫であれば、血統種かミックス(交雑種)かに関わらずペット保険に加入することができます。

また、家庭用のペットのほか、身体障害者補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)は補償されますが、闘争や興行用の動物などは対象になりません。

いっぽう、うさぎやフェレット、ハムスターなどの小動物や、鳥、カメやイグアナといった爬虫類などの場合には、取り扱っている保険会社が限られてきます。ですから、これらの動物を飼っている方は、商品の対象動物をまずチェックすると良いでしょう。

また、商品ごとに新規に契約できるペットの年齢の範囲も決まっています。
既往症などで制限を設けている保険もありますし、たいていの場合、契約時に健康体であることが条件となることが多いようです。

ペット保険を探す場合には、補償内容や保険料だけでなく、加入条件も十分に確認しておくことが大切ですね。

ペット保険

トップへ